“しょんぼり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悄然92.5%
悄乎5.0%
蕭然2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ、うち彼下あのしただ……と思う時、始めて故郷を離れることの心細さが身にみて、悄然しょんぼりとしたが、悄然しょんぼりとするそばから、妙に又気が勇む。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
紅蓮こうれん一茎ひとえだ白蓮華びゃくれんげの咲いた枯田かれたのへりに、何の草か、幻の露の秋草のあぜを前にして、崖の大巌おおいわに抱かれたように、巌窟いわむろこもったように、悄乎しょんぼりと一人、淡くたたずんだおんなを見ました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その下にある中庭のわきの、薄暗い廊下を通って、小使部屋の前にくると内で蕭然しょんぼりと、小使が一人でさも退屈そうに居るから、弟も通りがかりに、「おい淋しいだろう」とはなしかけて
死体室 (新字新仮名) / 岩村透(著)