“しほしほ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悄々33.3%
悄悄33.3%
悄然33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふりしきる雪の中を、傘を畳んで悄々しほしほと足駄の雪をおとして電車の中にはいつた。
乞食の名誉 (新字旧仮名) / 伊藤野枝(著)
悄悄しほしほと我はあゆみき。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
さうして悄然しほしほ御燈明みあかしをあげにゆく。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)