“しょうしょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蕭々47.2%
鏘々8.7%
昭々7.1%
瀟々6.3%
少々3.9%
少将3.1%
少小1.6%
悄々1.6%
憧々1.6%
種々1.6%
蕭牆1.6%
蕭照0.8%
商将0.8%
嘯笑0.8%
宵々0.8%
小々0.8%
小将0.8%
小牀0.8%
小相0.8%
小祥0.8%
尚昌0.8%
峭々0.8%
松梢0.8%
浹々0.8%
翣箑0.8%
蕭蕭0.8%
蠨蛸0.8%
錚々0.8%
鏘鏘0.8%
鐘祥0.8%
霄々0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今度は今度はと思うているうちに、こらえかねた、雲の層が、持ち切れぬ雨の糸を、しめやかに落し出して、女の影を、蕭々と封じる。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
時に鏘々として響くのはこの音で、女神がると、まためて、人に聞いた——それに、この像には、起居がある。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天下の府、枢廟や今きわまる。よろしく公明の旌旗を林集し、正大の雲会を遂げ、もって、昭々日月の下に万代の革政を諸公と共に正さん。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは、その数日前から降りつづいた秋雨がなおも降り止まず、瀟々と病室の縁側の硝子障子に打ち煙っている日であった。
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
それで母人は、今日本体見物して、それを土産ってりたいということのようであるが、これは少々った註文じゃ。
やはりもとは伏見少将といった、これもえらい人のだということがかりました。
一寸法師 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
は何々の工事を企てて何十万円を得たり、某は何々の商売に何百万の産をなしたりという、その人の身は、必ず学校より出でたる者にして、少小教育の所得を、成年の後、殖産の実地に施し
慶応義塾学生諸氏に告ぐ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
渡頭人稀ニ白鷺雙々、舟ヲメテ飛ビ、楼外花尽キ、黄鸝悄々、柳ヲ穿ツテ啼ク。籊々ノ竿、漁翁雨ニ釣リ、井々ノ田、村女烟ニ鋤ス。一檐ノ彩錦斜陽ニ映ズルハ槖駝芍薬ヲ売ルナリ。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
彼多年露国の域中に住し、しかして久しくその厚遇をこうむれり。しかして今や露国の密使は憧々としてその都城たるカブールに往来せり。その燕遊一日の交情にあらざるもって知るべし。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
滑々たる先生の禿げ頭で、これまた後頭部のあたりに、種々たる胡麻塩の髪の毛が、わずかに残喘を保っていたが、大部分は博物の教科書に画が出ている駝鳥の卵なるものと相違はない。
毛利先生 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
また百姓地租改正のために竹槍席旗暴動したるその余炎まらず、んや現に政府の顕官中にもに不平士族と気脈を通じて、蕭牆てたる者さえなきに非ず。
『じゃあ、蕭照、おまえには思案があるかい』
人間山水図巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蕭照もそのなかの一人だった。
人間山水図巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうしてその中から執事とか、あるいは会計主任とか、また商将とか、あるいはラマのおとかいうような者を選抜して、いろいろその勤める範囲が違って居ります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
すると左膳は手のない袖をゆすって嘯笑した。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
松風さびしき湘南別墅に病める人の面影は、黄海の戦いとかわるがわる武男が宵々の夢に入りつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
殿びお出ましの時には、小刀を取って、危気無きところをずるように削り、小々刀屑を出し、やがて成就のを申し、近々ご覧に入るるのだ。何の思わぬあやまちなどが出来よう。ハハハ。
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「うるさき小将。あれから先へ片づけろ」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その状坐して金嚢をり、かえって小牀し、一脚地にる。に油を以てい、黒色形をし、莫訶歌羅(マハーカーラ、大神王の義)という。すなわち大黒神なり。
赤これが小相たらばか能くこれが大相とらん。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
十二月十四日、枕山は亡友竹内雲濤が小祥の忌辰に再び追悼の詩会を某処に開いた。『枕山先生遺稿』にその時の絶句が二首載せられている。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
尚昌侯は私の同級生でした。幾度かの機会に沖縄の品々を見ていたく心を打たれた私は、ついにその研究を志すに至り、侯爵にこの相談をしたことがあります。
沖縄の思い出 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
しかもまた峭々として相迫った岩壁の間に翼を休めたい蒼い真上の空の一角である。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
そもそも、鶴は凡禽凡鳥ならず。一挙に千里の雲をいで日の下に鳴き、常に百尺の松梢に住んで世のをうけぬ。泥中にしてしかも瑞々
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
雨のことをおしめりとしか言わず、鼻のわきの黒子に一本長い毛が生えていて、その毛を浹々洗湯の湯に浮かべて、出入りの誰かれと呵々大笑する。
舞馬 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
稜錐塔の空をく所、獅身女の砂を抱く所、長河鰐魚を蔵する所、二千年の昔妖姫クレオパトラの安図尼と相擁して、駝鳥翣箑に軽く玉肌を払える所、は好画題であるまた好詩料である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
初夏の午後には葭切りの鳴くを聴き、月のあきらかな夜には風露の蕭蕭と音する響を聞いて楽んだ。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「蓮の葉に蜘蛛りけり香をく」と吟じながら女一度に数弁んで香炉のになげ込む。「蠨蛸不揺篆煙遶竹梁」としてある男も、見ているままで払わんともせぬ。蜘蛛も動かぬ。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
剣は、打々と、錚々と、きつきつと、あるいはむせぶがごとく、あるいは訴うるがごとく、あるいは放笑するがごとく、あるいは流るるがごとく、立派に、弾奏の役目をつとめているのである。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
言いもあえず膝立直して、「じゃむこうじゃむこう。」と口笛鏘鏘
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
徐安鐘祥をしてって、懐来に走らしむ。宗忠懐来り 兵三万と号す。諸将之を撃つをんず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『淵鑑類函』四三二ジャワ国の山に猴多く人を畏れず、呼ぶに霄々の声を以てすればすなわちづ、果実を投げればその二大猴まず至る、土人これを猴王、猴夫人という。