“そうそう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソウソウ
語句割合
匆々21.3%
錚々16.0%
匇々12.7%
淙々11.9%
早々7.1%
怱々6.6%
曹操5.8%
鏘々2.8%
簇々2.8%
蒼々2.0%
忽々1.3%
滄桑1.3%
層々1.0%
嘈々1.0%
匇匇0.8%
蹌々0.5%
匆匆0.3%
曹爽0.3%
匀々0.3%
匆騒0.3%
双々0.3%
層層0.3%
左様々々0.3%
曹宗0.3%
漕々0.3%
爪相0.3%
爽々0.3%
草創0.3%
葬送0.3%
葱々0.3%
蔌々0.3%
送葬0.3%
鏘鏘0.3%
雙々0.3%
颼々0.3%
騒騒0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
コノ稿ハ昭和七年三月三十日正宗白鳥君ノ論文ヲ読ミ燈下匆々筆ヲ走ラセタ。ワガ旧作執筆ノ年代ニハ記憶ノ誤ガアルカモ知レナイ。
正宗谷崎両氏の批評に答う (新字新仮名) / 永井荷風(著)
火星観測——などというと、いかにも錚々たる天文学者の一行のように聞こえるけれど、実は大村昌作はサラリーマンなのだ。
火星の魔術師 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
なるほどそう云われて見れば、あの愛敬のある田中中尉などはずっと前の列に加わっている。保吉は匇々大股に中尉の側へ歩み寄った。
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
淙々、風蕭々、夕闇とともにひどく冷気も迫って、謙信の胸は、なお帰らぬ麾下の将士のうえに、まずにはいられなかった。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
早々蚊帳むと、夜半に雨が降り出して、の上にって来るので、てゝすなど、わびしい旅の第一夜であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
その男は、個人的な関係から大事が壊れるといけない、三十六計逃げるにしかずと、怱々に引越してしまった。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)
定正がアッチへ逃げたりコッチへ逃げたりするのも曹操周瑜に追われては孔明の智なきを笑うたびに伏兵が起る如き巧妙な作才が無い。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
前後両営の官軍二十万、馬はいななき、鉄甲は鏘々と鳴り、夜が明けてもなお陸続とたえぬ兵馬が黎陽をさしてたって行った。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昼間煙の簇々と立っていたその方角の空を、夜に入って、今度は火焔が赤々と染める。とうとう不安のうちに一夜をその家で過ごすことになった。
秋の日落ち谷蒼々と暮るゝ、玉の様な川水をした湯にまでって、直ぐを流るる川音を聴いて居ると、陶然として即身成仏妙境って了う。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「それではお約束ですから最早お止め致しません。余りお忽々でございますわね」
好人物 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その頃からずっとに、殺風景にも競馬のにせられて、それから再び滄桑して、自転車の競走場になった、あの池のの往来から見込まれぬようにと
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
一字一句のに宇宙の一大哲理を包含するは無論の事、その一字一句が層々連続すると首尾相応じ前後相照らして
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その弾奏は自慢だけに、堂にったところがあります。大絃嘈々として、急雨のように響かせるところは響かせます。小絃切々として、私語のように掻き鳴らすところは鳴らします。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
二、里見君の「蚊遣り」も十月小説中の白眉なり。唯末段に至つて落筆匇匇みあらん。他は人情的か何か知らねど、不相変巧手の名にかずと言ふべし。
病牀雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
小脇差で、たった一打ちに、お八重の首を、ぶらんと、斬って伏せた一角は、どっどと、にあわせて鳴る大谷川の激潭のふちを、蹌々と——踉々と——刃の血を、雨に、洗わせながら歩いて行く。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この帰りに更にロダン先生に逢つた事のしさを今旅先で匆匆と書いてしまふのは惜しい気がする。く一人で喜んで居よう。(六月廿日)
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
東帰を急ぐ晶子は第二第三の印象を書く暇も無く匆匆として巴里を見捨てたから、出立後に受取つた等の手紙の中の二三を訳して晶子へ送る事とする。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
となし、すなわち曹爽が総指揮となって、十数万の兵を率い、長安を出て、駱口を経、積年うかがうところの漢中へ、一挙突入せんとした。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
曹爽はそういって退却した。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
摩利信乃法師は夢のさめたように、慌しくこちらを振り向きますと、急に片手を高く挙げて、怪しい九字を切りながら、何か咒文のようなものを口の内に繰返して、匀々歩きはじめました。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
念の為め主人と私の関係を話して置くと、私の父は幼時に維新の匆騒を越えて来たアマチュアの有職故実家であったが、斯道に熱心で、研究の手傅けのため一人娘の私に絵画を習わせた。
東海道五十三次 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
かかる折よ、熱海の浜に泣倒れし鴫沢の娘と、田鶴見の底に逍遙せし富山が妻との姿は、双々貫一が身辺を彷徨して去らざるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ああ、左様々々、まだ其頃のことで能く記臆して居ることがあります。前申した會田という人の許へ通って居た頃、或日雨が大層降って溝が開いたことがある。
少年時代 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
小僧「本当でございますとも。曹宗という人が……。」
発明小僧 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
秋……に雨などが漕々降ると、人は兎角に陰気になつて、もすれば魔物臭い話が出る。
雨夜の怪談 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
読心術方面に至っては、察心術、読想術、観心術を詳述し、骨相術にはいっては、人相、手相、面相、爪相、足相にまで突き入った。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
が、それはそのときのことにしようと決心して、はだしに高下駄を突っかけて金剛寺の楼門を出た。微風が、お衣の袖にはらんで、一空さまは、爽々と歩いて行った。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
然るに城中はすでに食尽き、援兵の来る望みもない。……元来天下の衆に先立ち、草創の功を志す以上、節に当り義に臨んでは、命をむべきではない。
赤坂城の謀略 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「ソナタ第三番=ロ短調(作品五八)」は前者——葬送ソナタよりさらに完成したショパンが見られる。むずかしいが、美しい曲である。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
春花秋月、夏山の葱々たる、冬雪の皚々たる、これをみるものみな、その好風景に感ぜざるはなし。心神を養うの術、これをもって最も便なりとす。しかるに、風景は常に一様なるあたわず。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
乾いたの葉の蔌々としてひびきを立てる音が、いつもより耳元ちかく聞えたのは、両方の庭をめた落葉が、両方ともに一度に掃き寄せられるためであった。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
大きな男でしたが、火葬されたので、送葬輿は軽く、あまりに軽く、一盃機嫌でく人、送る者、笑い、ざわめき、陽気な葬式が皮肉でした。可惜をと私はまた残念に思うたのでありました。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
本書のだ整理せられざる切抜の一部と仮目次とをれたり。乱擾尚全く平ぐに及ばず、剣戟の声鏘鏘たる九段坂上の夜、公余に編輯を続行せし当時を思へば感慨未だ尽きず。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
渡頭人稀ニ白鷺雙々、舟ヲメテ飛ビ、楼外花尽キ、黄鸝悄々、柳ヲ穿ツテ啼ク。籊々ノ竿、漁翁雨ニ釣リ、井々ノ田、村女烟ニ鋤ス。一檐ノ彩錦斜陽ニ映ズルハ槖駝芍薬ヲ売ルナリ。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
は払ふ 颼々の風。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
スクリュウに捲き上げられ沸騰し飛散する騒騒迸沫は、海水の黒の中で、鷲のように鮮やかに感ぜられ、ひろいは、大きい螺旋がはじけたように、幾重にも細かい柔軟の波線をひろげている。
佐渡 (新字新仮名) / 太宰治(著)