“匇匇”の読み方と例文
読み方割合
そうそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この歸りに更にロダン先生に逢つた事の嬉しさを今此旅先で匇匇と書いてしまふのは惜しい氣がする。暫く一人で喜んで居よう。
巴里の旅窓より (旧字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
二、里見君の「蚊遣り」も十月小説中の白眉なり。唯末段に至つて落筆匇匇みあらん。他は人情的か何か知らねど、不相変巧手の名にかずと言ふべし。
病牀雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
忠家は其処に気がついたから、出家することだけは見合せたが、匇匇その場は逃げ出したさうである。すると中戸川氏の小説も文学史的に批評すれば、前人未発と云ふことは出来ない。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)