“黎陽”の読み方と例文
読み方割合
れいよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前後両営の官軍二十万、馬はいななき、鉄甲は鏘々と鳴り、夜が明けてもなお陸続とたえぬ兵馬が黎陽をさしてたって行った。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先陣は、冀州の猛将として名ある顔良にも命じられていた。勢いに乗じて、顔良はもう黎陽(河南省・俊県附近)方面まで突っこんでいた。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「大きにそうだ。しかしいま、曹操は黎陽まで引揚げ、呂曠と呂翔もつれて行ってしまったが、何かよい工夫があるかの」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)