“葭切”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よしきり71.4%
よしき28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女をして竜泉寺あたりの風雅な宿屋へと出かけた(ああ、その頃の台東区竜泉寺には、いまだ美しい蓮田があり、葭切が鳴き、アベックに好適な水郷だった!)
艶色落語講談鑑賞 (新字新仮名) / 正岡容(著)
城沼、多々良沼など、館林地方の平野の水には、蘆萩の間に葭切が鳴いて初夏の釣遊が忘れられぬ。
水の遍路 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
初夏の午後には葭切りの鳴くを聴き、月のあきらかな夜には風露の蕭蕭と音する響を聞いて楽んだ。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
本所茅場町の先生の家は、もう町はずれの寂しいところであった。庭さきのの外にはひろい蓮沼があって、夏ごろはましいように鳴いていた。五位鷺葭切りのなく声などもよく聞いた。
左千夫先生への追憶 (新字新仮名) / 石原純(著)