“蓮沼”の読み方と例文
読み方割合
はすぬま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ねえ、お父さん、ほら、蓮沼さん……たうとう次官におなりになつたぢやないの。出世ね。尤も、学者の方面ぢや、いくらも名前の出た人がゐるけど……」
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
新らしい女が随分ふえていて、お上さんは病気で二階にせっていた。——又明日から私は新宿で働くのだ。まるで蓮沼に落ちこんだように、ドロドロしている私である。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
本所茅場町の先生の家は、もう町はずれの寂しいところであった。庭さきのの外にはひろい蓮沼があって、夏ごろはましいように鳴いていた。五位鷺葭切りのなく声などもよく聞いた。
左千夫先生への追憶 (新字新仮名) / 石原純(著)