“葭萌関”の読み方と例文
読み方割合
かぼうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
郭淮の進言に面目をとどめた張郃は、この一戦にすべての汚名を払拭せんものと、意気も新たに、五千余騎を従えて、葭萌関に馬を進めた。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
葭萌関を攻めさせられたならば、蜀の軍勢は、この重要な関を守り固めるため、ことごとく引返して参るに違いありません。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孔明は、仔細の報告を、そのまま詳しく書簡にしたため、すぐ蜀の葭萌関にある玄徳のもとへ早馬をたてて報告しておいた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)