“宵々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よいよい63.6%
よひ/\18.2%
しょうしょう9.1%
よひよひ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さすがに、になると、宵々に、荒海せるが、いくつかの村々ぎ、えて、くまできこえてくるのであります。
二番めの娘 (新字新仮名) / 小川未明(著)
りての宵々ては御寺參殊勝に、觀音さまには合掌を申て、戀人のゆくへと、おしのほどいつまでもえねばいが。
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
松風さびしき湘南別墅に病める人の面影は、黄海の戦いとかわるがわる武男が宵々の夢に入りつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
夕げ終りての宵々家をては御寺参り殊勝に、観音さまには合掌を申て、我が恋人のゆく末を守りたまへと、お志しのほどいつまでも消えねばいが。
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)