二番めの娘にばんめのむすめ
毎年のように、遠いところから薬を売りにくる男がありました。その男は、なんでも西の国からくるといわれていました。 そこは、北国の海辺に近いところでありました。 「お母さん、もう、あの薬売りの小父さんがきなさる時分ですね。」と、二番めの女の子が …
作品に特徴的な語句
うえ ゆう がみ じゅく おぶ ゆた 故郷こきょう あた のち なか 彼女かのじょ かれ はは 今日きょう 当人とうにん からだ すこ きゅう あたま おと しず 初夏しょか 船着ふなつ あいだ ひら けだもの 年寄としよ 生活せいかつ のぞ ねん わか たんぼ さか りん あか ごえ そと にち よる ほう いえ はな あね ごと えが むすめ よめ かんが 汽車きしゃ うつく 絵紙えがみ 紫色むらさきいろ かみ あか 約束やくそく はこ こた ふえ まど たま めずら ひと 父親ちちおや みなと わた なみだ おき なみ かわ