“宵越”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よいご42.9%
よいごし42.9%
よひごし14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次ぎはうなぎだが、この場合のうなぎは宵越し、例えば翌日に残ったものの、焼きましを利用していい。この時は、醤油を付けて一ぺん火にる必要がある。
鱧・穴子・鰻の茶漬け (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
「武士は食わねど高楊枝」の心が、やがて江戸者の「宵越を持たぬ」誇りとなり、更にまた「ころ」「不見転」をしむ凛乎たる意気となったのである。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
怒つちやいけませんよ、ね、親分。錢形の親分はりつけのねえ江戸つ子だ。不斷は滅法威勢がいゝが、宵越の錢を