“高楊枝”の読み方と例文
読み方割合
たかようじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でも、武士は食わねど高楊枝というあんばいで、支那と戦っているのは、餌が欲しくてやっているのじゃない、と頑張っているのだ。
議会見物 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
「武士は食わねど高楊枝」の心が、やがて江戸者の「宵越を持たぬ」誇りとなり、更にまた「ころ」「不見転」をしむ凛乎たる意気となったのである。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
けれども、この貧窮組は生え抜きの平民でありました。武士は食わねど高楊枝、というようなことを言っておられぬ身分の者ばかりでありました。彼等は食いたくてたまらないのであります。