“不見転”の読み方と例文
読み方割合
みずてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不見転以外は帰ってしまうが、大阪は、時として夜が更けると、雑魚寝があるし、席貸へ行って夜明かしもするし、——つまり、飽きる所まで
大阪を歩く (新字新仮名) / 直木三十五(著)
まして、繻子の襟も、前垂も、無体平生から気に入らない、およそ粋というものを、男は掏摸、女は不見転と心得てる、鯰坊主の青くげだ、ねえ竹永さん。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「いいえ、そんなことではありません。商売人の不見転なんかに手出しをなさるよりは、はっきりこれこれときまってる方が、まだよいと思っていますわ。」
人間繁栄 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)