“不了見”の読み方と例文
読み方割合
ふりょうけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたのなんぞ言い出そうというような不了見ではございませんでしたから、どうぞごかんべんください
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「そうはいけねえ、娘の子だから、どんな不了見を起すかも判らねえ」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「裏の車屋くらいに心得ているのさ。ああ云う人物に尊敬されるには博士になるに限るよ、一体博士になっておかんのが君の不了見さ、ねえ奥さん、そうでしょう」と迷亭は笑いながら細君をみる。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)