“不見不知”の読み方と例文
読み方割合
みずしらず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つい四五日前までは不見不知の他人であつた若い美しい女と、恁うして唯二人人目も無き橋の上に並んでゐると思ふと、平生烈しい内心の壓迫を享け乍ら
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
今まで不見不知の、実に何の縁も無いお前さん方が、かうして内に来て、狭山君はああして実体の人だし、お前さんは優く世話をしてくれる、私は決して他人のやうな心持はんね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ツイ四五日前までは不見不知の他人であつた若い美しい女と、うして唯二人人目も無き橋の上に並んでゐると思ふと、平生烈しい内心の圧迫を享け乍ら
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)