“しとしと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瀟々40.0%
蕭々40.0%
粛々20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
霧に似たる細雨こさめは隙間もなく瀟々しとしと降頻ふりしきって、濡れたる手足は麻痺しびれるように感じた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
梁川君の葬式は、秋雨の瀟々しとしとと降る日であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
九月ももう二十日を過ぎたので、残暑の汗を洗ふ雨の糸を、初秋めいたうそ寒さが白く見せて、蕭々しとしとひさしを濡らす音が、山中の村で聞くとは違つて、厭に陰気な心を起させる。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
雨戸の外では、蕭々しとしと降りそそぐ音が聞える。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
あの粛々しとしと降りそそぐ音を聞きながら、私達は飯山行の便船が出るのを待っていた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)