“しようしよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
囁々33.3%
少將33.3%
蕭々33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本詩壇に於ける象徴詩の伝来、日なほ浅く、作未だ多からざるに当て、に早く評壇の一隅に囁々の語をす者ありと聞く。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
使ひがつてそのりをげると、同情されて、いよ/\十五日ると高野少將といふ勅使として、武士二千人つて竹取りのをまもらせられました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
中に、千鳥と名のあるのは、蕭々たる夜半の風に、野山の水に、虫の声と相触れて、チリチリ鳴りさうに思はれる……その千鳥刈萱。
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)