毛利先生もうりせんせい
歳晩のある暮方、自分は友人の批評家と二人で、所謂腰弁街道の、裸になった並樹の柳の下を、神田橋の方へ歩いていた。自分たちの左右には、昔、島崎藤村が「もっと頭をあげて歩け」と慷慨した、下級官吏らしい人々が、まだ漂っている黄昏の光の中に、蹌踉たる …
作品に特徴的な語句
種々しょうしょう しも テエブル 人馬ひとうま とど かかわ つめた 滑々かつかつ にぎやか わが がら あが あざやか たくまし ごと 弾機バネ もく そびや さいわ こら こまか 宛然えんぜん 未嘗いまだかつ 機会しお ひま しきり 今日きょう あま ななめ かたわら あいだ さき もら 鉄条ゼンマイ 手巾ハンカチ はるか ぐう 追憶ついおく 読本とくほん あわれ あわただ けだもの 珈琲コオヒイ いたずら さか ひさし ちぢ たくみ 如何いかん わたくし 椅子いす 機嫌きげん 欠伸あくび あざむ 歳晩さいばん 残喘ざんぜん 毛利もうり 気色けしき 滑稽こっけい ただよ 火炙ひあぶ 物故ぶっこ 狡猾こうかつ 独逸ドイツ 狼狽ろうばい みんな 相図あいず 硝子ガラス 誤謬ごびゅう 鼓膜こまく 黄昏たそがれ 髣髴ほうふつ おどろ 駝鳥だちょう 饒舌しゃべ かしら 頬杖ほおづえ もや らい 難有ありがた 雇庸こよう きわ ひらめ 鍍金めっき 鈴懸すずかけ 遺憾いかん 蹌踉そうろう 赤々あかあか むさぼ にが 肺炎はいえん 老朽ろうきゅう