“りつぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
慄然98.1%
悚然0.9%
栗然0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを除去してみて、検屍の医師はじめ警官一同は慄然としたのである。陰部から下腹部へかけて柘榴のように切り開かれている。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
われは悚然として四辺を見たり。小親は急に座をちしが、にからみたるに、よろめきてハタと膝折りたる、そのまま手を伸べて小窓の戸したり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そして自分の将来、何の光も無く、色も無く、香も無い、ただ真黒な冷い闇のみの世界を望みては、愴然栗然としてえきれぬ思いをしたことであったろう。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)