“打寛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うちくつろ80.0%
うちくつ10.0%
うちひろ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰幽以来かになりますが、んな打寛いだ、なごやかな気持わったのはにこの最初でございました。
浮べる眉、ける唇、したたる露のまなざし。瓔珞の珠の中にひとえに白き御胸を、来よとや打寛ろげたまえる、気高く、優しく、かしこくもに美しき御姿、いつも、まのあたりに見参らす。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
きむせぶ者もあるし、早くもふところを打寛げて、自刃しようとする者もある。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)