“言寿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
コトホギ50.0%
ことほ25.0%
コトホ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“言寿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学1.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「言ひ立て」は、方式の由来を説くよりも、詞章の魅力を発揮させる為の手段が尽されてゐたので、特別に「言寿コトホギ」とも称してゐた。
(三)皇御孫の命の天の御翳・日の御翳とつくりつかへまつれるミヅのみあらかを、汝屋船ミマシヤフネ命に天津奇護言アマツクスシイハヒゴト(古語云、久須志伊波比許登)をもちて、言寿コトホギシヅめ申さく……(大殿祭祝詞)
をしへを受けしもろもろの人あつまりて教への親を囲むけふかも言寿ことほぎにつつ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
言寿コトホぎしづめまつれることの……
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
……汝屋船イマシヤフネノ命に、天津奇護言アマツクスシイハヒゴトを以ちて言寿コトホぎ鎮め申さく、この敷きます大宮地オホミヤトコロの底つ岩ねの極み……平らけく安らけくまもりまつる神の御名をマヲさく、屋船くゝのちの命・やふねとようけ姫の命と
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)