“縮見”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
シヾミ75.0%
シジミ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“縮見”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学2.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
来目部クメベ小楯が、縮見シヾミ細目ホソメの新室に招かれた時、舞人として舞ふ事を、億計オケ王の尻ごみしたのも、此側から見るべきであらう。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
適、縮見シヾミ屯倉ミヤケオビト、新室の縱賞ホカヒして、夜を以て晝に繼ぐに會ふ。
顕宗天皇・仁賢天皇若くして、播磨の奥、縮見シジミの邑に隠れ居られた時、新嘗使ニヒナメツカヒとして、其家主細目の家を訪れた山部小楯を中心にした新室宴ニヒムロノウタゲに、弘計ヲケノ王の唱へられた「室寿詞」が伝つてゐる。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)