人造人間の秘密じんぞうにんげんのひみつ
ドイツ軍襲来 「おい、起きろ。ドイツ軍だ!」 隣室のハンスのこえである。部屋の扉は、いまにも叩き割られそうである。 私は、自分でも、なんだかわけのわからない奇声を発して、とび起きた。 扉は、めりめりと、こわれはじめた。 「もしもし、今、扉を …
作品に特徴的な語句
せん くく いきお あせ 二重にじゅう はず さいわ かか 灯火とうか にわ とま うな かた まか 密封みっぷう 広野こうや 弾丸だんがん あや 所在しょざい 捕虜ほりょ 横腹よこばら 死人しにん とも 珠算しゅざん まぶ 破片はへん かん 背負せお 脱出だっしゅつ 言下げんか 調練ちょうれん 車上しゃじょう 道理どうり 鋼鉄こうてつ 隣室りんしつ ひび 一層いっそう 一束ひとたば 一条ひとすじ 万事ばんじ 丘陵きゅうりょう 両脚りょうあし 余等よら そば まった 全速ぜんそく 具合ぐあい 再会さいかい 刃向はむか いさ 勿体もったい にお 匹敵ひってき 千吉せんきち 半端はんぱ 即座そくざ 原型げんけい 厳重げんじゅう 友邦ゆうほう たた しか 合図あいず 同僚どうりょう のろ しゃべ 四隅よすみ もと こわ 壮観そうかん ほか おびただ 大尉たいい 奇声きせい 奇観きかん 実物じつぶつ 封緘ふうかん もっと まわ 引張ひっぱ 後悔こうかい 手取てっと 手招てまね 折角せっかく こぶし はさ 捜索そうさく 推論すいろん 掩蓋えんがい 操縦そうじゅう 敵性てきせい 斜面しゃめん 新手あらて 早口はやくち