“糠味噌汁”の読み方と例文
読み方割合
ぬかみそじる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
匹夫が贅沢に飽いたかのような勿体ない申し分でござるが、以後は朝夕とも、一汁一菜か、せめて二菜にとどめ、それもちさか、糠味噌汁などの類にて仰せ付け下さるように
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)