“糠味噌瓶”の読み方と例文
読み方割合
ぬかみそがめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山林の下の糠味噌瓶まで譲り受けて村寄り合いの席にぎしつかせての正坐、片腹痛き世や。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)