“みそしる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
味噌汁98.1%
未醤汁1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其處ちよツけた能代嬰兒がしたか、とらしいが、さすがに味噌汁が、とすきをそゝつてふ。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
烏賊椎茸牛蒡、凍り豆腐ぐらいを煮〆にしておに盛るぐらいのもの。別に山独活のぬた。それに山家らしい干瓢味噌汁
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そしてこれに飯を盛るに、をして盛らしむるときは、過不及を免れぬといって、飯を小さいに取り分けさせ、櫃から椀に盛ることを、五百の役目にしていた。朝の未醤汁も必ず二椀に限っていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)