“みそしる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
味噌汁98.0%
未醤汁2.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このびしい空の下へれに出る宗助に取って、力になるものは、暖かい味噌汁みそしると暖かい飯よりほかになかった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
破家やぶれや引返ひきかへしてから、うす味噌汁みそしる蘇生よみがへるやうなあぢおぼえたばかりで
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
朝の未醤汁みそしるも必ず二椀に限っていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)