大空魔艦たいくうまかん
模型飛行機 丁坊という名でよばれている東京ホテルの給仕君ほど、飛行機の好きな少年は珍らしいであろう。 丁坊は、たくさんの模型飛行機をもっている。みんなで五六十台もあろうか。これはみな丁坊が自分でつくったのだ。 航研機もある。ニッポン号もある …
作品に特徴的な語句
ちょう ぐら たま ほっ かん 可愛かわ ほほ めず なつか そら 一木いちき ころが わし 服装ふくそう なり さいわ 小暗こぐら こお 消息しょうそく 氷上ひょうじょう あやう マスト とも ぐま うな 明日あした ましら くしゃみ へん たたみ 捕虜ほりょ なか 船腹せんぷく きれ 彼奴きゃつ うなず いか づな あや 洪水こうずい 気取けど よど きよ 湯気ゆげ 溜息ためいき すべ 滑走かっそう ようや つぶ 火焔かえん つばめ 爆音ばくおん 片唾かたず ねら たぬき 狼狽ろうばい たがい 理由わけ 二村にむら 生命いのち 甲板かんぱん かわ 真先まっさき にら 砲火ほうか 硝子ガラス 久方ひさかた どんぶり 突撃とつげき 窮屈きゅうくつ 章魚たこ わら ささ 紅蓮ぐれん まぎ 素敵すてき 丁坊ていぼう ちか せま たくま さすが 達磨だるま 鉢巻はちまき 銃声じゅうせい 万事ばんじ 丁度ちょうど おちい ひげ