“掬網”の読み方と例文
読み方割合
たま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし魚はえるどころではなかったので、千代子はすぐそれを船頭に返した。船頭は同じ掬網で叔父の命ずるままに何疋でも水から上へり出した。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
高木は大きな掬網を千代子に握らした。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)