“掬切”の読み方と例文
読み方割合
すくいぎり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると、前へ立った、女の姿は、その肩あたりまで草隠れになったが、背後ざまに手を動かすにれて、き鎌、磨ける玉の如く、弓形に出没して、歩行歩行掬切に、刃形上下に動くと共に
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)