“掬投”の読み方と例文
読み方割合
すくいな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついで天竜が土俵に登つて能代潟と戦い、掬投げでこれを仕止めると思わず拍手を送つて喜んでいた。
殺人鬼 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)