“掬取”の読み方と例文
読み方割合
くみと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
哀れなる友として父の心情をお掬取可被下ば、なにとぞ我が亡き後、琴の身上たちゆくようお計い有之たく世に知られて家名の恥辱と相成ること無きよう
(新字新仮名) / 山本周五郎(著)