“刃形”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はがた50.0%
やいばがた50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“刃形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
弓形ゆみなりに出没して、歩行ある歩行ある掬切すくいぎりに、刃形はがた上下うえしたに動くと共に、たけなす茅萱ちがやなかばから
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
熊城は驚いてしまって、種々いろいろと図の四縁しえんを折り曲げて合わせていたが、「法水君、洒落しゃれはよしにし給え。幅広い刃形やいばがたはしているが、非常に正確な線だよ。いったいどこに、後からった跡があるのだ?」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)