“推怺”の読み方と例文
読み方割合
おしこら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
骨身にみて痛かりけるを妻は赤くなりて推怺へつつ、さり気無く挨拶せるを、風早は見かねたりけん
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
宮なるよ! 姦婦なるよ! 銅臭の肉蒲団なるよ! とかつは驚き、かつは憤り、はたとめて動かざるには見る見る涙をへて、唯一攫にもせまほしく肉のるを推怺へつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)