東京小品とうきょうしょうひん
鏡 自分は無暗に書物ばかり積んである書斎の中に蹲つて、寂しい春の松の内を甚だらしなく消光してゐた。本をひろげて見たり、好い加減な文章を書いて見たり、それにも飽きると出たらめな俳句を作つて見たり——要す …
作品に特徴的な語句
石燈籠いしどうろう 旁々かたがた 夜寒よさむ 逗子づし 昏々こんこん 宵闇よひやみ 存外ぞんぐわい 正気しやうき くるぶし 上眼うはめ 悵然ちやうぜん 束髪そくはつ ぢく 半白はんぱく 尾籠びろう 文鎮ぶんちん 行儀ぎやうぎ 雨漏あまも 雲水うんすゐ 両国りやうごく にほひ 壁際かべぎは 殺風景さつぷうけい 二方にはう 嬌声けうせい 紛々ふんぷん 掛物かけもの 鉄格子てつがうし 泥酔でいすゐ 娓々びび 斑々はんぱん 爪先上つまさきあが 真上まうへ ぬひと 道中だうちう 御隠居ごいんきよ 唐本たうほん 酔眼すゐがん 鉢合はちあは 分明ぶんみやう 標札へうさつ 法帖ほふでふ 秋波しうは 瓦斯煖炉ガスだんろ 冷評ひやか 壁板したみ 端然たんぜん 吸物椀すゐものわん 風鐸ふうたく 下足札げそくふだ 千枝ちえ ボタン 間中あひだぢう 黄興くわうこう 宛転ゑんてん たん 古色こしよく 老眼鏡らうがんきやう 絹布けんぷ 古絨毯ふるじゆうたん 楽声がくせい 聖徒セエント 茶箕ちやき 蔵沢ざうたく 一綴ひとつづ 漱石山房そうせきさんばう 記念品スヴニイル