“仙人掌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さぼてん53.8%
サボテン38.5%
しゃぼてん7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
静かな夏の日の独居が私の心をまた小さな仙人掌の刺のうへに留らせ、黄色い名も知れぬ三ツの花のうへにしみじみと飛びうつらす。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
墓地へ行く道に、巨きな仙人掌が繁つてゐて、いまでも、私、よく覚えてゐるのよ。山田五十鈴位の美人だつたらもつと、あの旅はよかつただらうと思つたわ
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
超現実派タンギーの絵画「マダムと仙人掌」がかかっていたのには、すっかり感心して了いました。