“覇王樹”のいろいろな読み方と例文
旧字:霸王樹
読み方(ふりがな)割合
さぼてん33.3%
サボテン33.3%
しゃぼてん8.3%
しやぼてん8.3%
はおうじゅ8.3%
シヤボテン8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“覇王樹”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア50.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この覇王樹さぼてんも時と場合によれば、余のはくを動かして、見るや否や山を追い下げたであろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
夏早やも棘に花さく覇王樹さぼてんの琉球びともすべなかるらし (某々両先生に二首)
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
覇王樹サボテン どうでも勝手にするがいや。おれの知つたことぢやなし。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
覇王樹サボテンの蔭にうづくみて日向ぼこせる洋館の病児の如く泣くもあり。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
それは白地に覇王樹しゃぼてんのような型を置いた浴衣ゆかたを著て、手に団扇うちわを持っていた。
女の出る蚊帳 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ゲリジムの山頂には古き建物の跡多く、エバルの山には一面に覇王樹しやぼてんしげれり。
今は夥しく茂れる覇王樹しやぼてんに囲繞されし十戸足らずの寒村なり。
いかなるこれぶつと問われて、庭前ていぜん柏樹子はくじゅしと答えた僧があるよしだが、もし同様の問に接した場合には、余は一も二もなく、月下げっか覇王樹はおうじゅこたえるであろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
覇王樹シヤボテンのやうに突ツ張つてむらがつてゐる、どの石もみんな深成岩しんせいがんと言はれてゐる花崗岩くわかうがんで、地殻の最下層の、岩骨が尖り出て、地下の神経を剥き出しにしてゐるのである
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)