“サボテン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:さぼてん
語句割合
仙人掌50.0%
覇王樹40.0%
霸王樹10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
低い、影の蹲ったようないら草の彼方此方から、巨大な仙人掌サボテンがぬうっと物懶く突立っていた。
翔び去る印象 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
墓地へ行く道に、巨きな仙人掌サボテンが繁つてゐて、いまでも、私、よく覚えてゐるのよ。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
覇王樹サボテン どうでも勝手にするがいや。おれの知つたことぢやなし。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
覇王樹サボテンの蔭にうづくみて日向ぼこせる洋館の病児の如く泣くもあり。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
道に沿ひて蘆薈ろくわい霸王樹サボテンなど野生したるが、皆ところ得がほに延び育ちたり。
先づ身におぼゆるは日の暖さ、手に觸るゝは神社の圓柱まろばしらの大いなる、霸王樹サボテンの葉のひろき、耳に聞くはさま/″\の人の馨音こわねなどなり。