“小覇王”の読み方と例文
読み方割合
しょうはおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「丞相のお眼には、孫策をどうご覧になられていますか。彼は江東の領袖、しかも弱冠、領民からも、小覇王とよばれて、信頼されておるようですが」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「へい、打虎将李忠小覇王周通、その二頭目の下に六、七百の子分がおります。強いのなンのッて、おかみの討手も、寄りつけたはないほどでして」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江東小覇王といわれて、大きな存在となっているが、袁術は彼の少年頃から手もとに養っていたせいか、いつでも、自分のいうことなら、とはいわないような気がする——
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)