“王覇”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうは100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“王覇”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「皇室の衰微もはなはだしい。王覇おうはの差別もなくなってしまった。どうともして本道へ返さなければならない」徳大寺卿は微吟びぎんをした。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
王覇おうはの別、華夷かいの弁に至りては、藤田は一種の水戸的執迷を脱するあたわざりき。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)