“裾分”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すそわ66.7%
すそわけ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“裾分”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうでもあろう、そういう野菜ものにうえていた彼等は、あたらきゆうりのお裾分すそわけを失ってしまったのだから。
火薬船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それから水瓜、甘藍キャベツ球葱たまねぎ、球葱は此辺ではよく出来ませんが、青物市場であまりやすかったからI君が買って来たその裾分すそわけという事でした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
が、この腕白わんぱく猫めはすこぶる健啖家で、ちっとやそっとのお裾分すそわけでは満足しなかった。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)