“ひるしょく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
昼食66.7%
午食33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天長節の日の午前はこんな風で立ってしまった。婆あさんの運んで来た昼食ひるしょくを食べた。そこへぶらりと瀬戸速人はやとが来た。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
丁度其の日に峯松が万事都合好く話を致して、のお藤と云う隣座敷のお客を車に乗せて引出しまして、伊香保の降り口から一挺車を雇いまして、女中を乗せて渋川へ下りて、金子かねこへ出まして、金子から橋を渡り北牧きたもくへ出まして、角屋かどや昼食ひるしょくをして、余程おくれました。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
今川小路を通る時、末造は茶漬屋に寄って午食ひるしょくをした。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
午食ひるしょくの支度もしなくてはならない。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)