“昼食:ひるしょく” の例文
“昼食:ひるしょく”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
森鴎外1
“昼食:ひるしょく”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
天長節の日の午前はこんな風で立ってしまった。婆あさんの運んで来た昼食ひるしょくを食べた。そこへぶらりと瀬戸速人はやとが来た。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
丁度其の日に峯松が万事都合好く話を致して、のお藤と云う隣座敷のお客を車に乗せて引出しまして、伊香保の降り口から一挺車を雇いまして、女中を乗せて渋川へ下りて、金子かねこへ出まして、金子から橋を渡り北牧きたもくへ出まして、角屋かどや昼食ひるしょくをして、余程おくれました。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)