“ちゅうしょく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
昼食50.0%
雕飾50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日も、ホールとホール夫人ふじんがおそい昼食ちゅうしょくをとっていると、その部屋へやからいらいらと歩きまわるきゃく足音あしおとがひびき、そのうちにはげしいいかこえとともに、かべになにかをぶつけるけたたましい音がきこえてきた。
道徳の旨を知らず、雕飾ちゅうしょく綴緝てっしゅうして、以て新奇となし、歯をかんし舌をして、以て簡古と為し、世において加益するところ無し。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)