“昼食:ひるめし” の例文
“昼食:ひるめし”を含む作品の著者(上位)作品数
アントン・チェーホフ1
久生十蘭1
村井弦斎1
“昼食:ひるめし”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ばんには昼食ひるめしあまりのめしべるので。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
不味まずそうに取揃とりそろえられた昼食ひるめしえると、かれ両手りょうてむねんでかんがえながら室内しつないあるはじめる。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「……これが、単なる昼食ひるめしでない証拠に、こんなふうにしていると、なんとなく歌でもうたい出したいような気持になる。奇態きたいなこともあればあるものだ。……たしかに、なにか変調が起きたのにちがいない」
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
たとえば今申したライスカレーは昼食ひるめしの物で晩食ばんしょくに出すものでありません。何となれば刺撃物や興奮性の物を晩食に用ゆると夜中安眠の害になります。その外菓物類かぶつるいは清涼剤で身体に薬だといいますけれどもその種類によっては消化の遅いために午後四時から先は食べない物が色々あります。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)