ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記ペンネンネンネンネン・ネネムのでんき
一、ペンネンネンネンネン・ネネムの独立 〔冒頭原稿数枚焼失〕のでした。実際、東のそらは、お「キレ」さまの出る前に、琥珀色のビールで一杯になるのでした。ところが、そのまま夏になりましたが、ばけものたちはみんな騒ぎはじめました。 そのわけ〔十七 …
作品に特徴的な語句
にっ くし 洋傘こうもりがさ リン ほっ 燕麦オート だけ つの あざ かご 夕暮ゆうぐれ こら 地震じしん まじな もっとも いか こわ 恐怖きょうふ 舞踏ぶとう ゆか おど 年齢ねんれい おさ 紙幣しへい 太夫たいふ 突然とつぜん 足踏あしぶ たす かた おどり くら つぶ たば やわ あし さか 黄金きん 麦稈むぎから さい にわ とな けむり けん すなわ かわ ぐつ 消滅しょうめつ 渦巻うずまき うさぎ ため とら ふと 物凄ものすご 聨合れんごう 獅子しし ばく しば 縁起えんぎ あみ 紺青こんじょう 紹介しょうかい 紳士しんし 玄関げんかん 紫色むらさきいろ 素敵すてき 玩具おもちゃ ひも 粘土ねんど 粗末そまつ たた 監獄かんごく さら しわ 百合ゆり 白墨はくぼく 監督かんとく 相違そうい つか 真似まね 真珠しんじゅ ぴき ほうき みの 琥珀こはく