“にち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ニチ
語句割合
99.6%
昼夜0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで信田へ大ぜい家来れて狐狩りにたのでした。けれども運悪く、一の中をっても一獲物もありません。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
昨日千葉びまして、奧樣四五すぐれ見上げられる、うぞしてかと如何にも心配らしくますので
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なるほど一昼夜二ルーブリも払えば、旅客は静かな部屋をあてがわれるけれど、部屋の四隅からはまるで杏子のような油虫がぞろぞろと顔を覗け