“大構”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおがまえ50.0%
おほがま25.0%
おおかま12.5%
おほがまへ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大構”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
片側は角から取廻した三階建の大構おおがまえな待合の羽目で、その切れ目の稲葉家の格子向うに、小さな稲荷いなりの堂がある。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
合歓ねむの花ぞ、と心着いて、ながれの音を耳にする時、車はがらりと石橋に乗懸のりかかって、黒の大構おおがまえの門にかじが下りた。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
角店の大構おほがまへも、大名邸ほどの廣い土地も家作も、大資産であるだけ負債も多く、家も子供たちにおなじにすつかり蟲くつてゐたのだつた。
「郭子儀」異変 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
こと小半里こはんみち田舍ゐなかながら大構おほがまへの、見上みあげるやうな黒門くろもんなかへ、わだちのあとをする/\とくるまかくれる。
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「うん僕としては構わないのが当然だ。また実際構っちゃいない。が、君としてはそうは行くまい。君は大構おおかまいだろう」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
二十間も座敷の数有る大構おほがまへの内に、唯二人の客を宿せるだに、寂寥さびしさは既に余んぬるを、この深山幽谷の暗夜におほはれたる孤村の片辺かたほとりれる清琴楼の間毎にわたる長廊下は、星の下行く町の小路より、幾許いかばかり心細くも可恐おそろしき夜道ならんよ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)