“廷臣”の読み方と例文
読み方割合
ていしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひはまた廷臣る、と叙任嗅出る、ひは獻納豚尻尾牧師ると、め、寺領えたとる。
皇后を除くため、張韜という廷臣と謀って、桐の木の人形に、魏帝の生年月日を書き、また何年何月地に埋むと、呪文を記して、わざと曹丕の眼にふれる所へ捨てた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
廷臣れば平身低頭となり、代言人れば謝金となり、美人れば接吻となる。