“申:しん” の例文
“申:しん”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“申:しん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「猿はしんに属します。それで、かれらが勝手にそんな名を付けたので、もとからの地名ではございません」